DハウスJAPAN株式会社

守口本店
TEL 06-6998-1800
門真営業所
TEL 06-6909-1900
受付時間 9:00-20:00 水曜定休

CONCEPTDハウスJAPANの家作り

世界にたった一つだけのあなたの夢HOUSE
とことんお付き合いさせてください

地盤も建物も丸ごと、
胸を張って保証致します。

住宅を建てる上で最も大事な地盤。
DハウスJAPANでは家を建てる場合、まず最初に土地の地盤調査を行います。新規で土地を購入する方はもちろんですが、すでに土地がある方や、今の古い家を建て替えるという方も必ず地盤調査をやらなくてはなりません。
DハウスJAPANでは家を建てる前に必ず地盤調査をし、全てのお客様に「地盤品質証明書(補償適用期間20年)」と「建物保証書」を発行させていただいております。

また、建物に関しても同様です。
DハウスJAPANでは様々な工法でお客様のニーズにお応えできます。
[優れた耐震性と高耐久性が魅力的な重量鉄骨造] 
200mm角の強固な鉄骨柱を基本部材に、安定した品質・強度を持つビル建築用鋼材の重量鉄骨を使用。
200mm角の太く厚みのある頑強な鉄骨柱による構造体は、地震による不安から住まいと暮らしを守ります。
参考価格:60万円〜/3.3平米

[木の温もりを感じられる在来軸組工法] 
低コストでデザインにも柔軟に対応できるので、オリジナル性を生かした邸宅を実現できます。
参考価格:50万円〜/3.3平米

強く、しなやかな

ヘーベルパワーボード

日本は四季が豊かな反面、時には大雨や寒さ・暑さが厳しく、さらに地震が多発したりと大自然の持つ強大な力に翻弄される事もあります。
住宅外壁に必要な数々の性能を高いレベルで長期的に維持するためにも、
外壁材自体の耐久性がとても重要です。このような高い性能を実現する素材が、日本で、世界で高い評価を受けている軽量気泡コンクリート(ALC)なのです。パワーボードは、このALCを素材とする木造住宅専用外壁材です。

耐久性まるで大地のような、変わらない安心感を持つ事。

経年変化に強く、とても安定した素材で構成されるパワーボード。
その大地のような安心感で快適な暮らしを長く支えます。結晶が生成されます。

断熱性木造にプラスαの断熱性を与えられる外壁材である事。

一年を通して、春のような心地よい住空間を実現するためには、断熱性がポイント。
パワーボードは断熱材の外側で、プラスαの断熱効果を発揮します。

防火性火を寄せ付けない事。それは住まいの基本条件。

火に強い事は外壁にとって最も大切な条件のひとつ。
パワーボードは隣家の火災を寄せ付けない防火性を持っています。

防災性強くしなやかである事は、自然災害に強い事。

圧縮にも引張りにも強く、柔軟な目地を持つパワーボードは災害の外力に耐えるとともに、上手に受け流す発想です。

遮音性静かな住環境は、人にいつもやすらぎをあたえる。

遮音性に優れた住まいは、やすらぎを守る住まい。パワーボードは騒音のストレスから暮らしを守ります。

環境共性自然とともにあるために、私たちができる事。

自然環境を守るためには、広い視野で対応する事が大切。生産からリサイクルまで、全てのシーンで環境共生を考えます。

ぐるりん断熱、しかも省エネECO

アクアフォーム

アクアフォーム®は、温室効果の大きいフロンガスを使わず、水を使って現場で発泡させる断熱材。水を含むポリオールとイソシアネートを混合する事で発生する炭酸ガスを発泡剤として使用する、人と地球に優しい硬質ウレタンフォーム素材です。

断熱性

アクアフォームは無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、他の断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。

気密性

住宅の躯体に直接吹付けて発泡させるアクアフォームの工法は隙間なく一体化した断熱材構造で、 優れた気密性を発揮します。

吸音性

柔軟性に富んだアクアフォームは連続気泡構造で、一般的な独立気泡構造と比較し、 吸音性に優れています。

アクアフォーム アクアフォーム

毎日の生活・お掃除・家事を快適に

TOTO/TAKARASTANDERD/LIXIL採用

DハウスJAPANは完全オーダーメイド住宅の為、多彩なラインナップよりお客様の自由に組み合わす事が可能です。

  • Takara standerd OFELIA
  • Takara standerd RELAXIA
  • Takara standerd ELICIO
  • LIXIL ASシリーズ
  • LIXIL Arise
  • LIXIL MVシリーズ
  • TOTO Octave
  • TOTO Sazana
  • Panasonic アラウーノ

DハウスJAPANの家は天井高 2.5m

一般的に天井高は2.4mが基本ですが、DハウスJAPANの家は他の住宅よりも0.1m高めの2.5mが基本となっております。
天井が高いという事はそれだけ空間も広々と感じて頂く事ができ、開放的な空間を体感して頂けます。
天井が高いだけではなく、構造もしっかりしておりますので、安心して優雅な空間を楽しんでい頂けます。

INTERIER COORDINATE

DハウスJAPANモデルハウス見学受付中!